水切りカゴのトレーの掃除が面倒! 受け皿の代用は吸水マットがおすすめな理由

暮らし

洗ったお皿を乾燥させるための水切りカゴと受け皿(トレー)。

掃除をサボると水あかまみれになりますよね。こびりついた水あかって、掃除が大変じゃないですか?

こんにちは、ズボラなとみーです。

水切りカゴの受け皿って直接お皿が当たるとこじゃないので、そこまで綺麗に掃除する必要がありません。

水あかだらけの水切りトレー

そんな感じで受け皿の掃除が面倒すぎてサボった結果…ウロコだらけになりました!

白い水あかがびっしりです。遠目から見ても一目瞭然なくらい。

いくら来客がないからって、さすがにこれは人目を気にしなさすぎ!

とみー
とみー

でもでも、水あかの掃除ってめんどくさい!

というわけで、思い切って受け皿を断捨離しました!

この記事では水切りカゴのトレーを捨てて、普段のお手入れを格段に楽ちんにする方法とメリットを紹介しています。

スポンサーリンク

水切りカゴの受け皿を断捨離! 代わりに吸水マットを敷きました

水切りトレーを吸水マットに変更

受け皿を撤去し、ニトリの吸水マットに変えました。

ポタポタと垂れる水滴。水切りラックの下に何もなかったら、また水あかだらけになってしまいます。

しかもシンクという備え付けの家具なので、受け皿のように気軽にポイっと捨てることはできません。

吸水マットは水あかを防止するために、なくてはならないものなんです。

水切りカゴのトレーは断捨離したけど、カゴ自体は捨てなかった理由

吸水マットだけだと収容力が激減する

水切りカゴに積まれる食器

水切りカゴも捨てて、吸水マットだけにする方法もあります。

世の中のシンプリストさんは実践しているのだとか。

我が家は二人暮らしなので食器の量はそれほどありませんが、調理器具も乾燥させておくスペースを確保するとなると、吸水マットだけでは心もとないです。

 

布巾でお皿を拭く手間を省きたい

前述したように吸水マットだけにすると、収容力が足りません。

じゃあ、洗った先から布巾で拭けばいいんじゃん! と、いう考えの方もいらっしゃると思います。

でも私は極度のズボラ。布巾で拭くなんて、毎日やってられません!

お皿は自然乾燥派です。

 

結論
お皿と調理器具を自然乾燥するためには、水切りカゴは必要です!

水切りカゴのトレーを吸水マットに変更してよかったこと【メリット】

掃除が楽!

クエン酸スプレー

当然ですが、トレーを捨てたのでトレーを掃除する必要がなくなりました。

吸水マットは洗濯機にポイすれば、あとは干すだけ!

水あかを落とすためにクエン酸まいて、ラップパックして…なんて、もうしなくていいんです!

掃除の時間が格段に減りました!

気分やインテリアによってマットを変えられる

我が家の吸水マットはグリーンで爽やかな印象のもの。

雰囲気が異なる吸水マットに変えれば、気分やインテリアがガラッと変わります。

 

ぜひ、お部屋に合うオシャレな吸水マットを見つけてくださいね!

参考吸水マットの検索結果 – 楽天市場

おすすめ記事セレクション
シンプルなインテリアを目指す方へ → 買ってよかったホワイトの生活家電・生活用品まとめ
おしゃれな写真は誰でも撮れます → ブログ映えするオシャレな写真撮影&加工テクニック
デキる大人への第一歩 → 私のEvernoteの活用術・10個の事例【初心者でもできる活用法】
意識を変えるだけで貯まる! → 年収300万円のOLが8年で1000万円以上貯めた方法と習慣

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます