ビジネスホテル暮らしで、あると便利なグッズ・意外と不要だったグッズ

2020-03-29おすすめアイテム,暮らし

長期の出張や遠方に入院した家族の付き添いで、ホテル暮らしを余儀なくされることがあります。

私は後者。夫が脊髄を損傷し、再生医療を行っている病院に転院してきました。地元からだと飛行機で移動するくらいの距離です。

こんにちは、とみーです。

病院施設として安く宿泊可能なファミリーハウスはありますが、ネット環境がないので近場のビジネスホテルに暮らしています。

とっても狭いですし、自宅のような自分に合った環境ではないので色々と不都合を感じること多々。

そんな中、少しでも暮らしやすくしてくれた便利なグッズ9つを紹介します。

スポンサーリンク

ビジネスホテル暮らしであると便利なグッズ9選

USBポート付き延長コード

まず何といってもこれ。

ホテルはコンセントの数が限られています。それを補うのが延長コード。

延長コードは何でもいいわけではなく、USBポート付きの延長コードがおすすめです。

電子機器のアダプターはかさばります。

荷物を必要最低限にしないといけないのに、スーツケースの中で場所を取るんです。

全ての電子機器をUSBで充電するようにすれば、持っていくのはUSBポート付き江長コードと各種ケーブルでOKですよね。

 

私の持ってきた電子機器は

  • iPhone(Lightning)
  • ガラケー(docomo FOMA)
  • タブレット(Micro-B)
  • 会社スマホ(Type-C)

とまぁ、見事に端子がそれぞれ異なるわけですが、全てUSBで充電できるようにケーブルを用意していたのでアダプタは自宅に置いてきました。

他にパソコンがありますが、唯一これだけアダプタも持ってきてます。ちなみに汎用品で小型のアダプタもあります。荷物を減らしたい方はご検討ください。

 

とみー
とみー

USBポート付き延長コードは「本当に持ってきてよかった!」と一番感じているグッズです

 

スウェット

ホテルにもパジャマや浴衣は用意されていますが、ちょっと使い勝手が悪いんですよね。

例えば私の場合ですが、夫のお見舞いから帰ってきてちょっとゴロゴロしたいとき。

わざわざパジャマに着替えるの面倒くさいんですよね…。パジャマに着替えても数時間後にまた外出しないといけない、ということもあります。

かといって、そのままの恰好でいるのも窮屈です。ズボン脱ぎたい。

とみー
とみー

だがしかし! スウェット1着さえあれば! 心置きなくリラックスできます!

上下着替えるのは面倒なのでボトムスを履き替えるだけ、なんてことをよくやってます。あー、らくちん。

 

チャック付きの大きめな袋

洗濯は数日に一度まとめて行うため、洗濯物を入れておく袋が必要になります。

自宅ではランドリーバスケットを使っていましたが、狭いホテルにそんなもの置けません。

そこで大きな袋の出番です。

使い方は袋をハンガーや壁のフックに引っ掛けて、脱いだものをポイポイいれるだけ。

ホテルの掃除の方にチラ見されたら恥ずかしいので、チャック付きタイプをおすすめします。

コンパクトに畳めて行き帰りは荷物にならないのもポイントです。

 

洗濯ネット

created by Rinker
MeetFun
¥1,180 (2020/06/01 00:16:04時点 Amazon調べ-詳細)

コインランドリーで洗濯するということは、色物やおしゃれ着を分けて洗えないということ。

節約のためにまとめて1回で全ての洗濯をしないといけません。コインランドリー高いよ…。

そこで大活躍なのが100均の洗濯ネット。

色落ちしないとは言い切れませんが、黒い洋服に白い糸くずが付着する確率をグッと下げてくれます。

おしゃれ着もとりあえず入れておけば、普通に洗濯するより痛みが少ないです。

靴下もまとめて洗濯ネットに入れるのがおすすめ。ありがちな片方紛失事件が無くなりますよ! 自宅とは違って紛失すると探すの大変ですからね。

 

ハンガー

コインランドリーの乾燥機を使っても、10分程度の乾燥じゃ洗濯物は乾きません!

かといって、追加でもう1回乾燥するのもお金がもったいない…。

そんなわけで生乾きの洗濯物を持ち帰り、部屋干し(または風呂干し)することになります。

ホテルにも備え付けのハンガーはありますが足りません。だって手元にあるのは数日分の洗濯物。

100均の針金ハンガーで良いので5本程度あると安心です。

部屋に干しておくと加湿になりますし、バスルームだと乾燥機能がついてるので比較的早く乾きます。

 

スティックコーヒー

created by Rinker
AGF(エージーエフ)
¥552 (2020/06/01 00:16:05時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネスホテルには電気ケトルが備え付けられています。ありがたや。

日常的に白湯を飲んでいた私なので、ホテル暮らしでも水と電気ケトルさえあれば充分ですが、時折味がある飲み物が欲しくなることも。

その都度自販機で買うのも勿体ないので、スティックコーヒーを重宝してます。

慣れないホテル暮らしの中で、ホッと一息できる時間です。Blendyおいしいよ。

 

紙コップ

ビジネスホテル暮らしを始めた当初は、部屋に用意されているコップを使って先述のスティックコーヒーを飲んでいました。

当然ですがコーヒーを飲むとコップが汚れます。

台所用洗剤が無いため水のみでコップを洗っていたのですが、不衛生さを感じ紙コップに切り替えました。

基本的には掃除の際にコップも洗ってくれます。

しかし部屋にこもって仕事している私は、掃除は毎日お願いしない派なのです。

100均で20個入のがあったので、洗う手間や衛生的観点から紙コップにしました。

 

ペットボトル加湿器

created by Rinker
トップランド
¥1,305 (2020/06/01 00:16:06時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネスホテルは乾燥します。

起きている間は意識的に水分を取るようにしてるのでマシですが、問題は寝ている間。

起きた時には喉がガラガライガイガに。

 

ホテルによっては加湿器を貸し出してくれますが

  • フィルターはちゃんと掃除しているのか
  • 内部にカビが生えていないか

ちょっと心配なところです。

 

そこでコンパクトな加湿器の出番です。

飲み終わったペットボトルがあればいいので、家から持ってくのは小さい本体のみ。

先述したUSBポート付き延長コードとあわせて枕元に置いておけば、寝ている間の加湿もバッチリです。

水に含まれる塩素や石灰などの成分が周囲に付着する、とレビューが書いてあったので念のためティッシュを下に敷いて使ってます。

 

ハンドクリーム

最近はあまり見かけなくなりましたが、バスルームにリンス(コンディショナー)が用意されていないホテルがあります。

そんなホテルが用意しているのはリンスinシャンプーというもの。

これで髪の毛を洗うとパッサパサになります。リンスは本当に入ってるのかというくらい。

万が一、そんなホテルにあたってしまった時のことを考えてハンドクリームを1つ持っていきましょう。

実はハンドクリームは髪にも使えるんです。

ダメージの補修はしてくれませんが、保湿はしてくれます。

毎日使うのはおすすめしませんが、応急処置としてハンドクリームを使うだけでも髪のキューティクルさが段違い。

乾燥する季節じゃないからハンドクリームはいらないかな~? なんて思わず、どの季節でも女性の方は必ず持っていきましょう!

 

ビジネスホテル暮らしのために持ってきたけど不要だったグッズ

ビニール袋

とみー
とみー

ビニール袋は色々使えるから、とりあえず持っていこう!

と思って持ってきましたが、必要ありませんでした!

というのもビジネスホテル暮らしの食生活は外食やコンビニがメインとなります。

食費にあまりお金をかけていられないから…と、コンビニやスーパーのお惣菜を買っていた結果…ビニール袋が増えていく一方です。

2020年7月から全ての店舗でレジ袋が有料になるので、施行されたらビニール袋はあると便利なものリストに入りますが、今のところ不要。

 

洗濯洗剤

とみー
とみー

今時のコインランドリーは洗剤が自動投入されるんですよ…知らんかった…

洗濯洗剤を準備してコインランドリーに向かいましたが、不要だったときのショックといったらもう。

これからビジネスホテル暮らしをされる方は「ホテル内施設や周辺のコインランドリーは、洗剤が自動投入されるかどうか」をよく調べることを強くおすすめします!

Googleマップで探すと、店舗内の写真を有志の方が載せてくれてる場合があります。自動投入かどうかはレビューや写真から判断できますよ。

 

ビジネスホテル暮らしは大変だけど、工夫することで快適に!

狭くて生活しづらいビジネスホテル暮らし。

早く家に帰りたいな~ なんて思うこともありますが、仕事なり入院なりですぐ帰れないのが現実。

それなら暮らしやすいように工夫することが大切ですよね。

部屋に色々物を置きすぎると清掃が大変なので物はあまり増やせませんが、便利グッズをいくつか用意することでビジネスホテル暮らしのストレスを軽減することができますよ!

 

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション
シンプルなインテリアを目指す方へ → 買ってよかったホワイトの生活家電・生活用品まとめ
おしゃれな写真は誰でも撮れます → ブログ映えするオシャレな写真撮影&加工テクニック
デキる大人への第一歩 → 私のEvernoteの活用術・10個の事例【初心者でもできる活用法】
意識を変えるだけで貯まる! → 年収300万円のOLが8年で1000万円以上貯めた方法と習慣

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます