初心者でも出来る! ブログ映えするオシャレな写真撮影&加工テクニック

2017-09-18Web制作

サイトURLが変更になりました!
https://0edition.net/
お手数ですがブックマーク・RSSの再登録お願いします。

おすすめ商品を写真付きで紹介しよう! でも、なんかよくわからないけど、魅力的な写真にならない・・・。

ブロガーにとって、商品紹介に載せる写真はとても大切なもの。

同じモノでも、撮り方次第で良くも悪くもなってしまいます。
読者の購買意欲がそそられる写真、撮りたくないですか?

こんにちは、とみーです。

この記事ではブロガー向けに、オシャレに見える写真の撮影方法と加工方法をご紹介しています。

カメラの性能はこだわりません! スマホでもコンデジでもOK!

私はこの方法で撮影するようになってから、友人に「写真はいいけど内容がダメだね!」と、褒められてるのかディスられているのか分からないコメントをいただくことが増えました。笑

スポンサーリンク

オシャレな写真は構図が命! 撮り方のコツとポイント

スマホでもコンデジでも一眼レフでも、画面を9等分する線が表示されているはずです。グリッド線といいます。そのグリッド線が、より良い構図にするためのポイントとなります。

設定で非表示にしている人は、この機会に表示させておきましょう。

iPhoneの場合は 設定 → 写真とカメラ → グリッド でオンにできます。(Androidは機種によって異なります)

水平にする

撮り方のポイントの1つ目は、グリッド線を活用し、水平になるように撮影することです。

上の写真は下のグリッドとテーブルのラインが重なるようにして撮りました。

下の写真と比べると、安定感が出ているのが分かるかと思います。

 

交点に合わせる

先程の写真のように中央に配置すると、面白みのない写真になります。私はよくやってしまうのですけど。

グリッド線の交点に、被写体(撮影したいメインのもの)を合わせることが2つ目のポイントです。

被写体の位置をずらして周りも収めることで、先程とはまた違う印象になったかと思います。素人っぽさが和らぎます。超おすすめ。

 

こんな簡単なことでいいの? と感じるかもしれませんが、いいんです!

グリッド線を意識して、何枚も撮ってみてください。納得のいくまで撮影することが、上達への近道です。

たった2つ! オシャレな写真に加工するテクニック

自慢の1枚が撮影できたところで、写真の加工に入ります。

加工には、フリーソフトのGimpを使います。

光の具合を調整する

例えば、この画像。

西日+逆光になってちょっと残念な印象になってますね。

ホワイトなインテリアには白い光が似合います。全体的に明るくして、インプレッションを変えてみましょう。

まず、ファイル開く/インポート から画像ファイルを開きます。

トーンカーブ で、適当にカーブをドラッグしてみます。

正解はないので、自分の好きな感じになればOK! 完成です。

風景や人物はまた違いますが、インテリアの撮影は光をいっぱい取り入れるのがおすすめ!

透明感と清潔感が溢れる写真へと変貌します。

もっと言うと、日が登りきる前に撮った方が爽やかさアップです。

 

背景をぼかす

背景をぼかすことで更にオシャレ感がアップします。

スマホで撮影すると自動的に背景をぼかしてくれる場合がありますが、更にぼかしたいときや機能がうまく発動しなかったときなど、Gimpを使って加工しましょう。

まずパスツール  で、被写体の周りを囲みます。サンプルなので適当に点を置いていってますが、もっと細かい方がいいです。滑らかな曲線を目指してください。

選択パスを選択範囲に で囲った被写体を選択範囲にし、選択選択範囲の反転 で被写体以外を選択範囲にします。

選択境界をぼかす で境界をなめらかにし(今回は10px)、フィルターぼかしガウスぼかし で背景をぼかします。

水平・垂直ともに20pxぼかした写真がこちら。

ぼかすことで、自然と被写体に注目が集まるとともに、全体的に柔らかい印象になります。

最初と比べるとだいぶ変わりましたね。

 

直接的な購入に結びつかなくても、読者に「この写真(商品)素敵だな」と印象づけることができれば成功です。

更なる情報を求めて、Amazonや楽天のリンクをクリックしてくれるかもしれません。

大きい容量は嫌われる! 写真のサイズを小さくする方法

最後の仕上げです。

このままブログに写真をアップロードすると、激重です。

画像の読み込みに時間がかかると、いつまで経ってもページが表示されない危険性があり、読者が離れていってしまう原因に繋がります。

特に、商品の紹介ページを作るようであればなおさらです。画像をふんだんに使う場合、1つ1つの容量は出来る限り小さくする必要があります。

画像を縮小する

高性能なスマホのカメラも、この時ばかりは仇となります。画素数が大きければ大きいほど、px数も大きく、容量も大きくなってしまうのです。

つまり、pxを小さくしてあげれば容量削減です。

画像画像の拡大・縮小(または レイヤーレイヤーの拡大・縮小)で縮小が可能です。

鎖マーク  が繋がった状態ですと、縦横比そのままで縮小できますので、特別な事情がない限りは繋げておきましょう。

私はいつも長い辺を1024pxに縮小してます。個人ブログにはその程度の大きさで充分。

 

画像を圧縮

Gimpでは、画像ファイルを圧縮することができます。圧縮すると更に容量の削減が可能です。

ファイル名前を付けてエクスポート で 〇〇.jpg と画像を保存するとき、下記のダイアログが表示されます。

品質を少し落とすことで色味も落ちますが、サイズを軽くすることができます。

とはいえ、90くらいなら色味はほぼ変わりません。

スマホで加工したい場合はInstaflash Proがおすすめ!

パソコン持ってない人や、あまり慣れてない人にはiOSアプリのInstaflash Pro(iOS限定)がおすすめです。

正直、GimpであれこれやるよりもInstaflash Proでポチポチしたほうが楽だし上手くできます。笑

細かいぼかしはGimpでないと対応は難しいですが。

有料ですが、不定期に無料セールやってますので、その時が狙い目ですよ!

こちらの記事もおすすめです