Gimpでプリクラのペンみたいな文字を加工しよう! ぷっくりペン編

2015-11-27Software

サイトURLが変更になりました!
https://0edition.net/
お手数ですがブックマーク・RSSの再登録お願いします。

こんにちは、とみーです。

Gimpで文字加工シリーズ。
今回は浮き出るぷっくりペンです。

昔、書いた文字が浮き出るペンが流行りましたよね。イメージとしてはソレです。
探してみたら今もまだ売ってるんですね。

基本的な使い方の説明は省いてますので、それってどうやるの? となった場合はこちらのサイトがおすすめです。

スポンサーリンク

ぷっくりペンの加工方法

文字の挿入

文字を挿入します。
色は濃い目の色がオススメです。

20151127_01

文字のレイヤーを複製し、文字色を薄めの色に変更します。

20151127_02

文字レイヤー(下にある方)を右クリックし、不透明部分を選択します。
選択 > 選択範囲の拡大 で2px程拡大します。

20151127_03

編集 > 描画色/背景色で塗りつぶす を行い、縁取りみたいな感じになりました。

20151127_04

フィルターを適用

文字レイヤー(上にある方)を選択し、フィルター > ぼかし > モーションぼかし を適用させます。
数値はこんな感じにしました。

20151127_05

あとはOKを押すだけです。

20151127_06

完成!

不要な余白は 画像 > 画像の自動切り抜き で切り取ってください。

20151127_07

文字にグラデーション+ライト効果を追加すると

新規レイヤー(モード:スクリーン)を一番上に追加、真っ黒に塗りつぶしを行います。
続いてフィルター > 照明と投影 > ライト効果 を行い、最後にブレンドツールで文字にグラデーションをかけると更に可愛いぷっくりペンが出来上がります。

20151127_08

ライト効果設定値

20151127_09

20151127_10

20151127_11

20151127_12

※文字-7となってますが、グラデーションをかけた文字のレイヤーを指定してます。

20151127_13

キラキラも追加してみました

20151127_14

更にブラシツールでキラキラを乗せてもいいですね。