Gimpでプリクラのペンみたいな文字を加工しよう! 半透明ペン編

2016-06-05Software

こんにちは、とみーです。

無料の画像加工ソフトGimpで、プリクラのペンみたいな文字を作ろう企画。
お久しぶりの第6弾です。

今回は半透明な文字です。

基本的な使い方の説明は省いてますので、それってどうやるの? となった場合はこちらのサイトがおすすめです。

スポンサーリンク

半透明ペンの加工方法

文字を挿入・着色・縁取り

文字を挿入します。

20160605_01

文字のレイヤーを 右クリック > 不透明部分を選択範囲に で選択状態にします。

20160605_02

選択 > 選択範囲の拡大 で2px拡大します。

20160605_03

新規レイヤーを作成し、編集 > 描画色で塗りつぶす で文字の塗りつぶしを行います。(あらかじめお好きな色を描画色に設定しておいてください)

20160605_04

再度新規レイヤーを作成し、編集 > 選択範囲の境界線を描画 で文字を縁取りします。(こちらもあらかじめ描画色に設定しておきます。先程とは異なる色がおすすめ)

20160605_05

この時点では半透明ではありません。

20160605_06

文字を半透明にする

半透明にする方法は非常に簡単です。
該当のレイヤーを指定し、不透明度の数値を変更するだけです。

20160605_07

文字が若干薄くなったのがお分かりいただけるでしょうか。

20160605_08

写真等に重ねる場合におすすめな加工文字です。

20160605_09

完成!

不要な余白は 画像 > 画像の自動切り抜き で切り取ってください。

20160605_10

縁と文字のレイヤーを少しずらすと、よりプリクラっぽくなります。

20160605_11

文字のみをエクスポートする際は必ずPNG形式で保存してくださいね!(JPGだと半透明になりません)

おすすめ記事セレクション
シンプルなインテリアを目指す方へ → 買ってよかったホワイトの生活家電・生活用品まとめ
おしゃれな写真は誰でも撮れます → ブログ映えするオシャレな写真撮影&加工テクニック
デキる大人への第一歩 → 私のEvernoteの活用術・10個の事例【初心者でもできる活用法】
意識を変えるだけで貯まる! → 年収300万円のOLが8年で1000万円以上貯めた方法と習慣

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます