泡も液体もお揃いでオシャレに! 100均セリアのソープディスペンサーがシンクで大活躍!

2017-04-02住まい

ソープディスペンサー。それは洗剤のボトルを変えるだけで、その一角が一気にオシャレに変貌する夢のようなアイテムです。

 

そんなソープディスペンサーって、色々と種類はありますが

 台所に置く、そこそこ小型タイプ

 ハンドソープ用の、泡で出てくるソープもほぼ同じデザイン

 シンプルでオシャレ

この3つの条件を満たしているものが、なかなか見つけられませんでした。

 

あることはあるのですが、そこそこお高めのお値段。

1,000円以上しますよ・・・。スタイリッシュだけど高いよ・・・。

 

こんにちは、とみーです。

今回はセリアで可愛いソープディスペンサー(ボトル)を見つけたので、そのご紹介です。

スポンサーリンク

シンクの様子をビフォーアフター! 100均のソープディスペンサーに詰め替えただけでオシャレに!

100均のソープディスペンサー・泡タイプと液体タイプ

100均セリアで見つけました、ソープディスペンサー。シンプルかつ可愛さもありオシャレ!

左が泡ハンドソープ用、右が食器洗剤用として使うことに。早速中身を詰め替えてみました。

 

買ったままの容器で置いていた状態

ただボトルを交換しただけなのに、生活感あふれていた一角が・・・

100均のディスペンサーに詰め替えた状態

統一感が生まれ、スッキリしました。

 

やっぱり色があるのとないのとでは視覚効果が違いますね。置いてあるボトルの数は変わってないのに、印象がガラッと変わります。

 

100均のソープディスペンサーは液体の色が透ける! それってメリット? デメリット?

100均のディスペンサーが置いてあるシンクの様子

このソープディスペンサーはプラスチック製のため、液体の色が透けて見えます。

左側のハンドソープは透明なので気になりませんが、右側の食器用洗剤はがっつり青色。

人によっては色が透けるのが気になるかもしれません。私も少し気になります。

そんな場合は「色があることで残量が一目でわかる」とポジティブに捉えましょう。

 

どうしても気になる! という方はこちらのヤシノミ洗剤か

ウタマロがおすすめ。

どちらも透明な色なのはさることながら、手肌に優しい洗剤で根強い人気です。

ヤシノミ洗剤は食品にも使え、ウタマロは頑固な汚れもしっかり落とします。ご自身の用途に合わせてどうぞ!

 

泡立ち具合はどう? ワンプッシュの量はこんな感じ!

ワンプッシュ際に出てくる泡の量

気になる泡タイプのボトルの泡立ち具合です。

中に入ってる液体は、ビオレの泡ハンドソープ。きちんと泡として出てきます!

でも、量は少なめ・・・写真はワンプッシュの量です。

これだと手全体洗うには心もとないですね。2~3回押さないと満足する量にはなりません。

詰め替えも楽々! 泡タイプの方が口は広め

詰め替え口の大きさ

左が泡タイプ、右が液体タイプの注ぎ口です。

泡タイプは約3.6cm・液体タイプは約2.5cmと、1cmの差はありますが、どちらも詰め替えは難なく行えます。

ソープディスペンサーの底面を綺麗に保つには? 対策法があります!

ソープディスペンサーをそのままシンクに直置きしていると、底面がピンクのヌメヌメだらけになってしまいますよね。

でも、我が家はヌメヌメ知らずです。

それは、ボトルとスポンジの下にあるステンレスのラック。これがあるお陰で、ボトルの底面のヌメヌメを防ぐことができるんです!

今回ボトルを変えてしまいましたが、市販のまま使っていたボトル。ラックを使い始めてからの1年間、全く掃除をしてませんでした。

けれどあのイヤ~なピンクの水あかが付着することなく綺麗を保てていたので、こちらもとってもおすすめです。

オシャレも大事ですけど、日頃のお手入れが簡単なのはもっと大事ですよ!

関連記事【スポンジホルダー】シンクで使える水切れ抜群な100均グッズ

 

この記事で紹介したディスペンサーは楽天でも購入できます。白だけではなく、フタがブラックタイプのものや、本体がクリアタイプのものががありますので、一度ご覧になってみてください。

 ソープボトル360ml ホワイト
 バブルポンプ300ml ホワイト

 

おすすめ記事セレクション
シンプルなインテリアを目指す方へ → 買ってよかったホワイトの生活家電・生活用品まとめ
おしゃれな写真は誰でも撮れます → ブログ映えするオシャレな写真撮影&加工テクニック
デキる大人への第一歩 → 私のEvernoteの活用術・10個の事例【初心者でもできる活用法】
意識を変えるだけで貯まる! → 年収300万円のOLが8年で1000万円以上貯めた方法と習慣

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます