100均グッズを活用したケーブル収納ボックス&充電ステーション

住まい

サイトURLが変更になりました!
https://0edition.net/
お手数ですがブックマーク・RSSの再登録お願いします。

スマホの充電器、コンセントに繋げっぱなしですか?

こんにちは、とみーです。

以前、充電器の収納についての記事を書きました。

ニートの時(記事執筆当時)は使った後はこまめに収納してたのですが、働き始めてからはそんな手間すら惜しくなり結局コンセントに繋げっぱなしです。
「使ったら片付ける」という若干意識高い系のこと書いてごめんよ・・・そういえば私はズボラだった・・・。

というわけで、繋げっぱなしでもスッキリした見た目になる充電ステーションを設置することにしました。

DIYなんて面倒なことはしません。既製品をそのまま使います。

スポンサーリンク

100均のナプキンホルダーでiPad充電ステーション

キッチンカウンターの一画で、ダイソーのナプキンホルダーを使ってiPadを立てて充電&収納してます。

このナプキンホルダーは他の場所でも活用中!

シンプル&ホルダー自体が比較的重さがあるため様々な用途で活用しやすく、私の重いiPad2の収納にも非常に役立ってます。が、そろそろ軽いiPadが欲しいです。

 

充電コードはコンセントに繋げっぱなしです。
本体とケーブルを外すときは、ケーブルが落下しないようにナプキンホルダーに引っ掛けてます。

iPad2は幅広の30ピン端子なのでうまく引っ掛かってますが、現在主流のLightningケーブルだと落下してしまうかもしれません。

そんな場合はこちらの商品で落下を防止しましょう。

 

100均のフタ付きプレーンボックスでケーブルボックス

さて、続いては我が家の寝室の枕元です。寝る時に携帯&iPhoneを充電するので、常にこんな状態でした。

 

これらをセリアで買ってきたフタ付きプレーンボックスに入れて、ケーブルボックス兼充電ステーションの完成です。

全てをボックスに突っ込み、本体と蓋の間のすき間からコードを出すだけでOK! 楽ちん!

ただこのボックスは小さめなので、2口~3口タップしか入りません。テレビ周りやルーター周辺等のごちゃごちゃしがちな場所には不向きです。

 

ちなみに我が家のルーター周辺には市販のケーブルボックスを使ってます。大きいのでモデムも入ります。スッキリです。

 

こちらの記事もおすすめです