Luxeritasのショートコードを活用して記事の一部分を期間限定で表示する方法

2021-04-25Web制作

とみー
とみー

ブログで紹介した商品、期間限定キャンペーンで安くなってるから、その文言付け加えておこう! でも対象期間が過ぎた後に消すの忘れそうだなぁ…

そんな私と同じような忘れっぽい方におすすめの方法があります。

WordPressではショートコードという機能を用いて、一定期間を過ぎたら自動的に非表示に出来るんです。

上記のサイトで紹介されている通りに設定すれば誰でも簡単に出来ちゃうのですが、WordPressのテーマ「Luxeritas(ルクセリタス)」を使っている人はもっと簡単に便利にできる方法があるんです!

記事の一部分を設定した日時が過ぎたら自動的に非表示にする方法

Luxeritas独自機能のショートコードは、登録しておけばエディタ画面にてボタン一発で呼び出せる便利機能。

functions.phpがずらずら長くならず、登録したショートコードが一覧で確認できるのもメリット。

 

設定方法を以下で解説します。

  • STEP1

    まず、管理画面のLuxeritas→ショートコード登録→新規追加をクリックします。

  • STEP2
    ラベルは適当に分かりやすい名前にして、PHP Codeと囲み型にチェックを入れます。
  • STEP3
    以下のソースコードをContentsにコピペします。

        // 期間と期間過ぎた後のテキスト(デフォ)を設定
        extract( shortcode_atts( array(
            'term' => 0,
            'after' => ''
        ), $args ) );
    
        if( wp_date('YmdHi') >= $term ) {
        // あえて別の国のタイムゾーンにしたい場合は↓こっち
        // if( wp_date( 'YmdHi', null, new DateTimeZone( 'Europe/Paris' ) ) >= $term ) {
            // 指定した日時過ぎた(表示しない)
            $contents = $after;
        }
    

     

    とみー
    とみー

    元々はもう少し長いコードだったのですが、Luxeritas作者のるなさんからアドバイスいただき上記のスッキリとしたコードになりました! ありがとうございます!(元々のコードはコメント欄に残してあります)

  • STEP4

    ショートコード欄に

    AutoHide term=’yyyymmdd0000′

    と入力して保存。

  • STEP5
    ショートコードの使用方法です。

    エディタで該当のショートコードを選ぶと、こんな感じで挿入されます。

    [AutoHide term='yyyymmdd0000'][/AutoHide]

    使い方は下記の通り。

    [AutoHide term='yyyymmdd0000']ここに期間限定で表示したい内容を入れます。[/AutoHide]

    yyyymmddの箇所をお好きな年月日に修正します。

    2021年4月30日いっぱいで表示をやめたい場合は、20210501。

    少しややこしいですが、0時0分に非表示になるので、日付は表示したい期限の翌日を設定します。

期間が決まっている情報を自動的に非表示するメリット

  • 一度設定すれば以降は忘れても安心
  • 対象期間が決まった情報をそのまま載せ続けることがなくなる
  • つまり、ブログの信頼度がアップ!

というわけで、アフィリエイトやイベントページ等、期間がある情報をブログに載せている方はぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事セレクション
シンプルなインテリアを目指す方へ → 買ってよかったホワイトの生活家電・生活用品まとめ
おしゃれな写真は誰でも撮れます → ブログ映えするオシャレな写真撮影&加工テクニック
デキる大人への第一歩 → 私のEvernoteの活用術・10個の事例【初心者でもできる活用法】
意識を変えるだけで貯まる! → 年収300万円のOLが8年で1000万円以上貯めた方法と習慣

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます