追加ウィジェットはどこ? Jetpackの設定項目が分かりにくい人には旧タイプの一覧リストがあるよ!

Web制作

サイトURLが変更になりました!
https://0edition.net/
お手数ですがブックマーク・RSSの再登録お願いします。

WordPressプラグインのJetpack。

バージョンアップしてから、設定画面がカテゴリごとに分かれ、シンプルになりました。

でも、この設定画面。
設定項目が全て表示されてないんです!

相手
古参ユーザー

そういえばJetpackにあの機能あったな・・・有効化してみよう

そう思い立ったとき、設定画面を見ても場合によっては「あれ? ない!」となってしまいます。

 

私も、Jetpackの追加サイドバーウィジェットが使いたくて、久しぶりに有効化しようと思ったんです。

でも、探せど探せど設定画面で見つからない!

機能削除されたのか? と思ったのですが、あちこちで使っているブログを見かけるので、削除はされてない模様。

どこで有効化するんだ・・・と悩みに悩み、ついに見つけることができました。

 

この記事では、Jetpackのバージョンアップ前(4.x以前)で使用できた、一覧リストタイプの設定画面を表示させる方法を紹介しています。

スポンサーリンク

旧タイプ(一覧リストタイプ)のJetpack設定画面を見る方法

WordPress管理画面から、Jetpack → 設定 に飛び、一番下に小さく書かれているDebugをクリックします。

デバッグセンターに飛びますので、しばらく待つと「Jetpackが正しく設定されています」という表示と共に画像のようなメッセージが表示されます。

「お使いのサイトで使用可能なJetpackモジュールの全一覧にアクセスします。」という箇所をクリックすると・・・

見覚えのある項目一覧が表示されました!

 サイトURL/wp-admin/admin.php?page=jetpack_modules とURL欄に直打ちしても、この一覧画面が表示されます。

有効化は従来通りです。必要な機能の行にマウスオンすると「有効化」とう表記が出てきますので、それをポチッとするだけでOKです。

 

バージョンアップ前は項目名をクリックすると、どのような機能なのか日本語で解説してくれていたのですが、現在は英語のページに飛ばされます。

この一覧リストも奥深くに来ないといけなくなりましたし、どんどん使い勝手が悪くなっていますね。よく使うプラグインなだけに残念な気持ちでいっぱい。もっとユーザビリティを考えて欲しいものです。

 

機能の解説については、SeekerBaseさんのページが参考になりますよ。

Jetpackの追加サイドバーウィジェットが無事表示されました

今まで無効化していた追加サイドバーウィジェット。

無事有効化できました。ウィジェットページがめちゃくちゃ縦長になったけど。

 

高性能で多機能なJetpack。思うところは色々ありますが、便利なのは間違いないので、これからも活用していきたいですね。

関連記事Jetpack共有ボタンに丸いLINEアイコンを追加する方法

こちらの記事もおすすめです