Evernoteで救急箱を管理するコツ

2016-06-30Life Hack

サイトURLが変更になりました!
https://0edition.net/
お手数ですがブックマーク・RSSの再登録お願いします。

こんにちは、Evernote愛用中のとみーです。

今回は救急箱の中身をEvernoteで楽に管理する方法をご紹介しようと思います。

救急箱って毎日開けるものではないため、たまに何が入っているのか分からなくなったり、使おうと思ったら使用期限が切れていたりしたことありませんか?
ちなみに私は既に救急箱に入っているものを、ないと思って買ってきたことがあります。
完全なるダブりです。しかも48錠も入っているものを購入したため、購入から半年経ってもまだ使いきれていません。(鎮痛剤なのである分には困りませんが)

それらを防ぐためにEvernoteで一元管理することにしました!

富士薬品のような製薬会社が、自宅に薬を補充しに来てくれるブルジョワジーの方々には関係のないお話です。

スポンサーリンク

Evernoteで救急箱の中身を管理する方法

Evernoteテンプレートのグラデーションテーブルを使って医薬品リストを表で管理してもいいのですが、打ち込むのが面倒ですよね。
もっと楽な方法で行いたいと思います。

ノートブックを作成

まず初めに、Evernoteでノートブックを作成しておきます。ずばり「救急箱」。

Scannableで取り込む

年賀状を取り込む際にも使用したScannableで薬のパッケージを撮影していきます。

Scannableの使い方はこちらの記事で詳しく書いています。

1つにつき1つのノート。PDFではなく画像で取り込むのをお勧めします。(撮影した写真が1つだけの場合は自動的に画像になります)

Evernoteに保存する前に名前を付けますが、ここでは薬の商品名ではなくパッケージの側面や裏面などに記載されている使用期限を入力します。
使用期限をタイトルにしてソートをかけることで、破棄して補充しなければいけないものがすぐ分かります。
商品名は画像を見れば一目瞭然です。

20160630_01

包帯とか、使用期限がないもののタイトルは商品名で問題ないと思います。

とにかくノートブック:救急箱に保存していきます。
Evernoteに入れてしまえば、ドラッグストアに立ち寄ってふと「あの薬ってまだあったっけ?」というときにスマホですぐ確認できます。

補充しなければいけないとき

使い切ってしまったときや、使用期限が切れてしまったとき、残り少なくなってきたとき。
新たに医薬品を購入しないといけません。

タイトルに目印を付けてもいいのですが、私はタグを使用するのをお勧めします。
「要補充」とか適当なタグを付けて、そのタグのみで抽出すれば分かりやすいです。

ノートをゴミ箱に入れるのは補充をしたその後です。
同じものを購入してきたら、タイトルだけ変えてノート(画像)を使いまわすのも手ですね。

まとめ

書いてて気付いたのですが、調味料でもこの方法が使えますね!
わたしは今まで購入品リストというノートを作って、買わないといけないものを逐一メモっていたのですが、写真撮るほうが楽なので切り替えたいと思います。

タグを活用することで調味料も医薬品も、買い忘れ防止です!

他の活用事例はこちらの記事で紹介してます。

 

この記事では写真を撮るだけなので使ってませんが、Evernoteのテンプレートを作成・配布してますのでそれで整理整頓するのもおすすめですよ!

こちらの記事もおすすめです