工場から商社に転職したら衝撃だったこと5つ

コラム

サイトURLが変更になりました!
https://0edition.net/
お手数ですがブックマーク・RSSの再登録お願いします。

こんにちは、とみーです。

新しい職場で働き始めてから3週間が経ちました。
入ったばかりで有休もないのに、既に風邪ひいて早退したことは穴があったら入りたい事件です。

やっぱりニート生活長かった(9ヵ月)から体力が低下していたのでしょうか。
そういった面でも無職期間は短い方がいいと言えます。でも失業保険欲しいよね!

さてさて。

会社が変われば仕組みやルールも色々と変わります。
私は以前勤めていた会社に新卒で入ってから8年間ずっと同じ会社で働いていましたので、その会社しか知りませんでした。
今回は商社勤務という今までとは異なる環境になったときに衝撃的だったことです。

スポンサーリンク

工場から商社に転職したら衝撃だったこと

いつでも飲食OK

工場勤務だったときは休憩時間が決められ、飲食できる場所も限られていました。

今回入った会社は休憩時間はお昼休憩しかありませんが、いつでも飲食OK。
デスクで自分の好きな時間にコーヒー飲んでもお菓子食べても何も言われない!
油断するとデブまっしぐらです。が、そんなにゆっくりお茶している時間がないのである意味安心です。

部署がない

これは会社の規模によることだと思いますが・・・。
以前の会社は定義的には大企業だったため、部署がきっちり分かれていました。

とある人に役職を与えるためだけの部署があったり。
何をしたいのかよくわからないですがメンバーそのままで部署名だけ変えたり。
1週間しか存在しなかった部署も経験したことあります。
そんなことの会議に時間割いてるなんて、お偉いさんたちは何してるんだ! というのが下っ端の正直な感想でした。

それと、部署があると何かあったときに責任の押し付け合いが始まります。笑

今回の会社は中小企業です。営業や事務といった担当は分かれていても、部署というくくりはありません。
部署がない方が、全員で一丸となって頑張ってる感じがして私は好きです。

机が汚い

程度の違いはあれど、圧倒的に商社の方の机が汚い!

というのも、以前勤めていた工場はコンサルが入って机の上の整理整頓も指導されたため、基本的に必要最低限の書類しかありませんでした。
ペン立ても置いてはいけないというコンサル。いやいやペン立てぐらいいいでしょと思う下っ端社員。
そう思っても従うしか道はありません。

そんなわけで前の職場が異様に綺麗だっただけなのですが、それに慣れてしまっているため凄い汚く感じます。
実際、書類が山のように積みあがっている人もいますが。

納期調整でうるさく言われない

前職も現職も納期に関わるお仕事をしています。

商社ですと、さほど納期に関してうるさく言われません。
そりゃそうですよね。ウチに在庫がなくても、他の会社にはあるかもしれません。

前職の工場では顧客に合わせたカスタム品を作っていたので、その会社でしか手に入らない製品です。
お客さんは自分のラインが止まらないように必死です。
「製品を作るための部材がないので時間がかかる」と言っても諦めてくれないお客さんもいました。

ちなみに現職の求人票の「受注業務」という表記に (´Д`)ウヘェ となっていたので(なら応募するなよって話ですが)、さほどうるさくなくてよかったー! といった感じです。
昔の納期調整を思い出すと胃がキリキリしちゃうよ!

毎朝、神棚にお祈り

いま勤めている会社は、毎朝、社長主導で神棚にお祈りします。

周りを見渡しても真剣にお祈りしているのは社長しかいません。
もはや社長一人でやればいいじゃんとか思わなくもない。

あとがき

今のところ会社にさほど不満は感じてません。
あ、残業代が出ないことが不満。でも早く帰れてます。(今のところ)

給料は減りましたが、私は働きやすさを重視していたので転職してよかったと思ってます。(今のところ)

こちらの記事もおすすめです