ミニバードのサブドメインから、スタードメインで取得した独自ドメインに移行する手順【WordPressのお引っ越し】

2016-05-15Web制作

サイトURLが変更になりました!
https://0edition.net/
お手数ですがブックマーク・RSSの再登録お願いします。

こんにちは、とみーです。

先日、独自ドメインを取得しました。友人が。
私はそのお手伝いをしました。

旧サイトURL:ミニバードのサブドメイン(現行サービス:スターサーバーのライトプラン)
新サイトURL:スタードメインで取得した独自ドメイン

サーバはミニバードのままですが、他のサーバに移動するときと変わらない方法でデータベースごとお引越ししました。
そのときの備忘録です。

全て友人PCで作業していたため、申し訳ないのですがスクリーンショットは少なめです。参考ページを貼っておきます。

スポンサーリンク

BackWPupでバックアップを作成

BackWPupというプラグインを使って旧サイトの全てのファイルのバックアップを取ります。

プラグインをインストールして有効化し、BackWPupメニューのAdd new jobから新しいバックアップを作成します。
設定はこちらのスクリーンショットをご確認ください。

20160515_01

20160515_02

Save Changesで保存したら、BackWPupメニューのJobsを開いてRun Nowで実行します。

20160515_03

終了したらDownloadで自分のPCに落とし、解凍(展開)しておきます。

20160515_04

独自ドメインの取得・サーバ設定

続いてスタードメインで独自ドメインを取得します。

参考サポートマニュアル ドメインの新規取得 – Star Domain icon-external-link

 

取得後、スタードメインの管理ツールでネームサーバーを設定します。
お手軽設定でミニバードを選択すればOK。

参考サポートマニュアル ネームサーバーの設定 – Star Domain icon-external-link

 

ミニバードのサーバー管理ツールにログインし、独自ドメインを追加します。
追加後に表示されたFTP設定という情報が非常に重要なので写真撮るなりメモ取るなりして必ず控えておいてください。※1

参考サポートマニュアル スタードメイン管理のドメインを設定する – minibird icon-external-link

 

簡単インストールでWordPressをインストールします。
こちらもインストール後に表示されたデータベース情報という情報が非常に重要なので控えておいてください。※2

参考サポートマニュアル 簡単インストールマニュアル – WordPress – minibird icon-external-link

フリーソフトのインストール

FFFTP icon-external-linkTeraPad icon-external-link をダウンロードしてインストールします。
※代表的なソフトを紹介しているだけなので、他のFTPソフトとテキストエディタでも構いません。

FFFTPは新規ホストの設定が必要です。

ホスト名 初期ドメイン名(***.minibird.jp)
ユーザー名 独自ドメイン
パスワード ミニバードに独自ドメインを追加した際に表示された(※1の)パスワード

ローカルの初期フォルダとかは空欄のままで構いませんが、BackWPupでダウンロード&解凍したフォルダを指定しておけば楽です。

参考FFFTPの使い方 – Synclogue Navi icon-external-link
参考サポートマニュアル 独自ドメインを使う – minibird icon-external-link

wp-config.phpの書き換え

BackWPupを使いダウンロード&解凍したファイルの中にwp-config.phpというファイルがありますのでTeraPadで開きます。
※メモ帳で開いちゃダメですよ!
※wp-config-sample.phpというファイルも存在しているかもしれないのでファイル名には注意してくださいね!

31行目以降にこのような記述がありますので、ご自身の環境に合わせて書き換えます。
WordPressをインストール後に表示された(※2の)情報です。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', database_user');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password');

書き換えたら上書き保存してファイルを閉じます。

phpmyadminでSQLをインポート

解凍したファイルの中に データベース名.sql というファイルがあると思います。そのファイルを使います。
拡張子が表示されてない方は、エクスプローラーの「種類」という列にSQLファイルと表示されているファイルを見つけてください。

ミニバードのサーバ管理ツールからデータベース設定 > phpmyadmin をクリックすると認証画面が表示されます。
ユーザー名はMySQLユーザ名(データベース設定に載ってます)、パスワードはそのユーザーパスワードです。

トップページのインポートからSQLファイルをインポートします。

20160515_05

「ファイルを選択」からSQLファイルを選択します。
ここでファイルの文字セットがUTF8でなければUTF8にしておいてください。
そして実行。大体問題なくいくはずです。

20160515_06

FFFTPで全てのファイルをアップロード

FFFTPで先程設定したホストに接続します。

左側に解凍したフォルダ、右側に独自ドメイン直下となるようフォルダを開きます。
そして左側をCtrl+Aで全選択し、右側にドラッグ&ドロップします。

途中もしかしたら上書きできないエラーがでるかもしれませんが、スキップしちゃってください。

このアップロード作業は記事数が多ければ多いほど時間がかかります。
200記事ある友人2時間かかってました。

旧サイトURLにリンクされているものを新サイトURLへリンクする

アップロードが全て終わると、独自ドメインにアクセスしてみましょう。
恐らく表示されているはずです。

が、これは旧サイトから画像やら何やら引っ張ってきているだけです。

そんなときはSEARCH REPLACE DB icon-external-link というスクリプトを使って置換を行います。
3.1.0がありますが2.1.0を使いました。

ミニバードのサーバ管理ツールから、FTPアカウント設定 > 新サイトを選択 > WebFTPにログイン。
上記サイトからダウンロードした searchreplacedb2.php というファイルを wp-config.php と同じ場所にアップロードします。(FFFTPでアップロードしてもOKですよ)
ブラウザのアドレスバーに サイトURL/searchreplacedb2.php と直接打ち込みアクセス。

まずsubmitをクリックします。
次のページでは全て入力済みのはずなのでsubmit DB detailsをクリック。

その次のページでは既に全てのテーブルが選択された状態になっています。
一部だけURLを書き換えたい人は別ですが大体の人は全て書き換えたいので、そのままContinueをクリック。

最後に、旧サイトURLと新サイトURLを入力してsubmit serach stringをクリックして置換を行います。

20160515_07

Completedが表示されたら完了です。
完了後、searchreplacedb2.phpは必ず削除してください。

参考WordPressを設置したドメインや設置ディレクトリが変更になった場合に、たった5分で全てのURLを書き換える方法 – INSPIRE TECH icon-external-link

ここ↑ までやった後のトラブルシューティング

管理画面に入れない場合

新サイトURL/wp-admin/ もしくは 新サイトURL/wp-login.php にアクセスしても旧サイトに飛ばされてしまう場合。

wp-config.php の一番下に2行追加します。

define('WP_SITEURL', '新サイトURL');
define('WP_HOME', '新サイトURL');

これで管理画面に行けるはずです。
1週間くらい経過したらこの2行は削除しても構いません。

Jetpackがおかしい

Jetpackをお使いの方は一旦連携を解除してから再度連携をし直してください。

ネームサーバーの浸透が遅いときの対処法

普通1日から2日もあれば新サイトが安定的に表示されるはずです。

スタードメインの設定でネームサーバーをミニバードに変更しているのに、いつまで経ってもスタードメインのデフォルトページが表示されてしまう場合。
もしくは「無効なURLです。ドメイン設定の反映待ちか、存在しないアドレスです。再度ご確認のうえアクセスをお試しください」という表記が出てしまう場合。

そんなときは自宅のルーターの電源をOFFにした上でパソコンを再起動させてみてください。友人はこれで直りました。

サイト転送設定

問題ないようなら、旧サイトから新サイトへの転送をかけましょう。

サーバー管理ツールのサイト転送設定から簡単に設定が可能です。
指定したURL以下のフォルダも自動的に転送してくれます。

参考サポートマニュアル サイト転送 – minibird icon-external-link

あとがき

本当は移転プラグインを使って簡単に移転したかったのですが、ファイルの容量が大きすぎて断念。

私はWebに関しては素人に毛が生えたくらいの知識で、そのレベルなのに友人にあれこれレクチャーしており、今回に関しては独自ドメインの設定やWordPressの移行という初めての経験で友人には非常にご迷惑をお掛けしました・・・。サイト見れなくなること数知れず。
そんなトラブルもあり、1日で終わらせるのは絶対無理だと思っていたのですが、何とかできました。

丁寧な手順を書いてはいませんが、これからの方はこれを参考に頑張ってください~。

こちらの記事もおすすめです